転職

転職活動に疲れた20代の問題点5つと4つの解決策【休むのは悪いことではない】

2021年4月18日

転職活動に疲れた20代の問題点5つと4つの解決策【休むのは悪いことではない】

お悩み

  • 転職活動に疲れた...
  • 不採用ばかりで、しんどい
  • 休む時間がない

こんな悩みにお答えします。

20代は比較的転職しやすいと言われますが、すぐに決まらなくて困っている人もいるでしょう。

色んな企業に応募しまくっても、不採用が続くことだってあります。
そうなると精神的にも肉体的にも疲れるんですよね。

今の仕事に不満があって転職したいのに、その転職さえも上手くいかないとしんどいし、疲れるのは当たり前です。僕も転職に悩まされた時期があるので、よく分かります。

そこで今回は、「転職活動に疲れた20代の問題点と対策」について、解説していきます。

本記事の内容

  • 20代は何故転職に疲れるのか
  • 転職に疲れた20代はどうすれば良い?
  • 転職活動で疲れた時の注意点

転職に疲れた人は、一旦落ち着いてこの記事を読んでいただき、活動の参考にしてみてください。

転職活動に疲れた20代の問題点5つ

転職活動に疲れた20代の問題点5つ

転職活動に疲れている20代は、「転職の経験が不足している」というのが元凶にになっています。

経験不足が以下のような「疲れる原因」に繋がっていくんです。

転職活動に疲れた20代の問題点5つ

  • 転職の仕方が分からない
  • とにかく早く終わらせようとする
  • 無理な求人ばかりに応募している
  • 仕事との両立で忙しすぎる
  • 高望みし過ぎて、動けない

それぞれ見ていきましょう。

転職の仕方が分からない

20代だと、転職が初めての人が多いです。

何をすれば良いか分からず、手当たり次第にやった結果、良い求人が見つからなかったり、不採用が続いたりして、無駄に時間と体力ばかり消耗していませんかね。

  • 求人の探し方
  • 企業研究
  • 自己分析
  • 応募方法
  • 履歴書や職務経歴書の書き方
  • 面接のノウハウ
  • 退職方法やタイミング
  • 転職活動は現職中?退職後?

準備するものや考えることはいっぱいあります。転職の流れを知り、対策や準備をしっかりすることが大事。

すぐに良い求人が見つかっても、採用されなければ意味がありません。中身の薄い履歴書、面接で全然喋れない等の状態で戦うのは無謀すぎ。

転職の仕方は以下の記事で解説しているので、参考にしてください。

とにかく早く終わらせようとする

転職活動は面倒ですからね。精神的にも体力的にも疲れるので、早く終わらせたい気持ちも分かります。

しかし、早く終わらせようとし過ぎて雑になると、受かるものも受かりませんよ。

採用担当者はちゃんとあなたのことを見ています。「とりあえず転職したい」という想いは、履歴書や面接等の各所に現れるので、一社一社真摯に望むべき。

早く終わらせようとする気持ちが逆に、早く終わらなくて疲れる原因になっています。

無理な求人ばかりに応募している

転職初心者によくあるパターンです。

特に年収高い求人なんかを見ると、応募してみたくなりますよね。応募するだけはタダですし。

でも一度冷静になって考えてみてください。あなたにその企業が求めているような能力や経歴、キャリアはありますか?

給料や福利厚生等、自分に都合の良い箇所しか見ず、仕事内容や求めている人材を無視してはいけませんよ。

可能性が無い求人に応募し続けても、不採用ばかりでしんどくなるだけです。

仕事との両立で忙しすぎる

ほとんどの人は、今の仕事をしながら転職活動をします。

転職活動はやるべきことがたくさんあるので、仕事終わりや休日で準備したり、面接に行ったりと大忙しです。

休む暇なくやれば、当たり前に疲れます。すぐに採用が決まれば良いですが、長引くとずっと休みなし。

頑張るのは良いことですが、身体を壊してしまったら、それこそ長引きます。すぐに決まらないのは仕方のないことですし、できる時にやれば良いんです。もし、仕事をしながらが無理なら、退職してから転職活動するのもアリ。

僕は有給消化中に転職活動していましたが、それでも疲れますし、仕事しながらだと間違いなくキツい。忙しい職場だとなおさらです。

転職活動は在職中にするか、退職後にするかについては、以下の記事で解説しています。

高望みし過ぎて、動けない

「もっと良い求人があるはず...」と高望みしている人は、いつまで経っても転職できません。

良い求人はすぐに応募が埋まりますし、期限も短いです。見ているだけでは、チャンスを逃してしまいます。

慎重に企業選びするのも大事ですが、応募しないことには何も始まりません。「応募しておけば良かった...」という後悔を繰り返していると、何もしていないのに疲れて、「自分は転職できない」と諦める。

応募して不採用になるなら、まだ納得いきますが、何もせずに良い求人を逃すのは、精神的に疲れますよ。

転職活動に疲れた20代がやるべき4つの解決策

転職活動に疲れた20代がやるべき4つの解決策

転職活動に疲れた20代がすべきことは、次の5つです。

転職活動に疲れた20代がやるべき4つの解決策

  • とりあえず休む
  • 退職してからゆっくり活動する
  • 量より質
  • 転職エージェントを利用する

とりあえず休む

疲れたなら、とりあえず休みましょう。疲弊したまま活動を続けても、良いことはありません。

眠そうな目、酷いクマ、ゲッソリした顔、元気のない表情や声。こんな人を企業は欲しいと思いますか?あなたは頑張っている結果、そうなったと知っていますが、採用担当者はそんなこと知り得ません。やる気がないのかと思われても仕方がないですよ。

また、不採用が続いているのに関わらず、ガムシャラに同じことを繰り返しても無駄です。あなたのどこかに問題があるので、一度休憩も兼ねて、活動内容を見直しましょう。

転職が決まらない20代にある7つの問題点とすべきこと【目的を持つことが大事】

続きを見る

退職してから余裕をもって転職活動する

ほとんどの人は在職中に転職活動をしますが、それに固執しなくても良いと思います。

みんなが在職中に転職活動するのは、「転職が決まらなかった時のリスク」を考えているからです。無職にならないように、ということ。

しかし、転職を考えている人の中には「今の仕事を続けるのが限界...」って人もいるはず。そんな状態で転職活動まで始めると、更にしんどくなりますよね。

退職しても無収入になるワケではない

「退職後に無職だと、収入がなくなって生活できなくなる!!」と思いがちですが、そんなことはありません。

失業保険もありますし、会社から退職金も出るので、すぐに生活がどうのこうのなることはないですよ。

それでも余裕をもって生活するなら、ある程度の貯金はしておいた方が良いかと。自分が最低限生活できる一ヶ月の費用を計算して、1年分を貯めておきましょう。

失業保険については、以下の記事で解説しています。

失業保険の手続きや流れについて【仕事を辞めても大丈夫】

続きを見る

量より質

手当たり次第に色んな企業に応募すれば、確かに採用される確率は上がります。

しかし、採用されることが目的じゃなくて、「したい仕事をすること」や「キャリアアップ」等、自分が転職するに至った目的があるはずです。

テキトーに応募した企業に採用されて入社しても、「この会社は違うな」となり、また転職するハメになります。

応募する数を増やして、採用される確率を上げるのでは、意味がありません。自分が「ココだ!!」と思う企業に全力を注ぐ方が効率的かつ、納得のいく転職になりますよ。

早く終わらせるより、確実に終わらせるほうが大事。

転職エージェントを利用する

転職活動に疲れているなら、転職のプロである転職エージェントに頼りましょう。

「登録が面倒くさい」とか「やりとりするのが面倒」とか思うかもですが、そのまま不採用が続く方が面倒ですよ。

また、転職活動を全部自力でやっているのも、疲れる原因となります。転職エージェントを利用すれば、自分に合う求人を探してもらったり、企業に面接のアポを取ってもらったりと負担が大幅に減るんです。

転職エージェントの主なサポート

  • 適性診断
  • キャリアカウンセリング
  • 非公開求人の紹介
  • 面接対策
  • 履歴書、職務経歴書の添削
  • 面接等の日程調整
  • 入社交渉の代行
  • 給料の交渉

無料で利用できますし、損することはありません。サクッと登録して、サクッと転職を決めちゃいましょう。

20代におすすめの転職エージェント

【注意】転職活動で疲れた20代が気をつけるべきこと

【注意】転職活動で疲れた20代が気をつけるべきこと

転職に疲れてしまった20代に気をつけてほしいことがあります。

それは「不採用=自分はダメなやつ」とネガティブになることです。

不採用であることを責めてはいけない

疲れるほど転職活動をしているなら、ある程度の企業数から不採用をもらっていることでしょう。

だからといって、あなたが「優秀でない」「不要な人材」なワケではありませんよ。どれだけ優秀な人でも、書類や面接で自分の良さをアピールできなければ、採用はされないですからね。

不採用が続くと落ち込むし、自分を責めてしまい、活動がマイナスな方に影響していくので注意です。

自己評価を下げたり、妥協するのもNG

不採用を重く受け止めすぎて、自己評価を下げたり、企業の希望条件を妥協したりしだす人もいますが、それはNG行為です。

自分の望む企業や職場にいくことが転職の目的なのに、妥協したら意味がありませんよね。どうせ妥協した企業に入社しても、「もっと良いところが良かったな」と後悔するだけ。

星の数ほど会社はあるので、不採用だったとしても「自分に合う会社ではなかった」と割り切っていきましょう。

自分の理想が高すぎる部分もあると思うので、最初に自分の市場価値を確り見極めておくと良いです。

転職活動に疲れた20代は焦らず、休みつつ頑張ろう

転職活動に疲れた20代は焦らず、休みつつ頑張ろう

はい、今回は以上です。本記事のポイントを以下にまとめました。

本記事のポイント

  • 20代は転職の経験が不足しているから、効率が悪くて疲れる
  • 転職に疲れたら、一旦休もう
  • 活動の内容を見直そう
  • 「不採用=ダメな人材」ではない

転職活動を頑張っていても、不採用ばかりだと、何もかも上手くいかないように感じてしまうかもしれません。精神的にも身体的にも疲れますよね。

ただそこで妥協したり、テキトーに転職したりしてはいけません。

何度も言いますが、転職できれば良いワケではないはず。あなたが転職する理由は、何ですか?一度休んで、目標を確認し、自分の活動内容を見直しましょう。

20代はまだまだこれからです。不採用が続いたとしても、自信を持って活動してください。諦めなければ、必ず良い企業に出会えますよ。

【20代社会人が使う】おすすめの転職サイト3選と転職エージェント3選

続きを見る

スポンサードリンク



-転職