副業

【田舎で高収入】パソコンを使う仕事5選を紹介【始める手順も解説】

2021年7月20日

【田舎で高収入】パソコンを使う仕事5選を紹介【始める手順も解説】

お悩み

  • 田舎でもできる簡単な仕事を知りたい
  • パソコンを使って田舎で仕事をしたい
  • 田舎から出たくない、田舎で暮らしたい

こんな悩みにお答えします。

田舎はのんびりできて、うっとうしい人間関係もなく、すごく過ごしやすいです。
ただ、就職先や仕事が都会に比べると少ないのは間違いありません。

↓関東地方と中国・四国地方を比べても、結構な差があります。(リクナビNEXTで検索)

関東地方と中国・四国地方

地元から出たくない、もしくは田舎で働きたいと思っていても、仕事の確保に悩む人は多いです。

しかし、それも昔の話。
今はパソコンとネット環境さえあれば、田舎でも仕事はできます。

実際に僕はド田舎で、パソコンを使って仕事をしています。当ブログも数ある仕事の中の1つです。

そこで今回は、「田舎でもできるパソコンを使う仕事」について、解説していきます。

ネットリテラシーが無い、IT企業で働いたことのない僕でもできるているので、未経験の方も気軽に挑戦しやすいかと。
都会で稼げず消耗している人は、パソコン持って田舎でストレスフリーに働きましょう。

IT系のスキルを身につけるなら!!

田舎でもできるパソコンを使う仕事5選

田舎でもできるパソコンを使う仕事5選

パソコン仕事は、田舎だろうが都会だろうが関係ありません。ある程度のことは何でもできてしまいます。

基本的にリモートワークですし、何か連絡をしなきゃいけないとなっても、オンライン通話等で完結。

ただ都会はどうしてもストレスが溜まりやすく、「田舎で仕事をしたい!!」という人もいるので、代表的な仕事を5つ紹介していきましょう。

田舎でも稼げるパソコンを使う仕事5選

  • システム開発
  • webデザイナー
  • webライター
  • webマーケティング
  • 動画編集

①:システム開発

クライアントの要望するシステムを開発する仕事です。具体的にいうと、アプリやツール等を作ります。

システムを作るだけでなく、設計や計画・動作確認・保守管理等もシステム開発の仕事に含まれます。厳密には、システムを作る人をプログラマー、設計等をする人がシステムエンジニアです。

平均的な年収は、会社員で400~600万円。フリーランスだと、1,000万円以上も可能です。

上記はクラウドワークスの案件ですが、システム開発だと10万円以上の仕事はそれなりにあります。受注して、月に10件こなすだけ。簡単ですよね。

システム開発は未経験だと難しい

システム開発は、プログラミングのスキルが必要です。
未経験でいきなり仕事の受注は難しいでしょう。

wordpressを少しイジるくらいなら、プログラミング未経験の僕でも多少はできます。
ただ、その程度で仕事を受けるのは厳しいので、多少のプログラミングスキルは必要になります。

なので全くスキルが無いなら、プログラミングスクールで身に付けましょう。
お金はかかりますが、一旦プログラミングができるようになれば、講座費用なんて1ヶ月で容易に回収できます。

今すぐ受講しなくても、「どんなコースがあるんだろう?」「自分には何が合うかな?」と、実際にHPを見てみるのもアリですよ。
オススメのスクールを以下に載せておきますね。

※それぞれの公式HPは、上記スクール名をクリックしてください。

②:webデザイナー

HPやwebサイトを制作する仕事です。リニューアルやコンテンツの追加・移行等も含まれます。

みなさんがよく見るものだと、下記写真のようなAmazonの商品ページもweb制作の一部です。

写真の選定、商品の概要や情報、上位表示できる文章の記載等が仕事の内容になります。

ただ作れば良いというものではなく、HPやwebサイトに訪れてもらう・離脱しない工夫を施したり、購入してもらうためのメッセージやデザインにしなければいけません。

最近はwebサイトからの集客が主流なので、web制作は将来性もあり、需要も伸びていく仕事です。

ものによってはプログラミングが必要になりますが、未経験でもネットで調べれば何とかなります。実際当ブログのデザインは、プログラミング未経験の僕でも作れました。

また、簡単な案件であれば、イラストやロゴの制作(1件5,000円〜50,000円)等がありますし、それだけで十分稼げます。主婦の方にもオススメかと。

③:webライター

記事の作成や校正、YouTube台本等を書く仕事です。簡単な案件だと、商品のレビューや口コミを書くだけとかもあります。

システム開発やwebデザインよりかは、圧倒的に挑戦するハードルは低いです。文章を執筆すること自体はそこまで難しくありませんからね。

ただ、簡単ではあるものの、単価が低くなりがちです。口コミやレビューみたいなものだと、文字単価0.1~0.3円なんて当たり前。仮に本気で4,000文字書いたとしても、400~1,200円にしかなりません。作文用紙10枚分でそれだけは、キツい。

webライターとしてのノウハウや実績を持っていれば、文字単価1~3円くらいにはなります。
最初は単価低くても、書いていれば上がっていくので、お金貰いながら練習しましょう。

webライターだけで高収入は難しいですが、月収20万円なら「文字単価2円で5000文字を20記事」でいけます。慣れたら5000文字は、5時間くらいあれば書けるので、誰でも到達可能のラインですよ。

また、webライティングを習得するなら以下の本で学ぶのもアリ。僕も「本を読んで勉強し、実践して反応をみる」というのを繰り返し、今は文字単価1~3円になりました。

④:webマーケティング

webマーケティングの仕事は簡単にいうと、「商品やサービスを購入してもらえるようにすること」です。
※詳細は「【簡単に解説】webマーケティングとは【知っておいて損はない】」をどうぞ。

押し売りをするのではなく、悩みがある人に向けて、解決できるモノを提供していきます。上手く集客できれば、2〜3サイト運営して、月収100万円も可能ですよ。1サイトで月収200〜300万円なんて凄い人もいます。

当ブログもアフィリエイトをやっているので、webマーケテイングの一種です。悩みを解決するための記事を書き、必要であれば、商品を掲載します。

また、webマーケティングはwebライティングのノウハウも必要になります。なので、webマーケティングを学ぶと、webライティングのスキルも習得可能です。

webマーケティングの学習方法は、以下記事で解説しているので参考にしてください。

webマーケティングを独学して稼ぐ方法【独学した僕が解説します】

続きを見る

⑤:動画編集

今では一番有名ですが、主にYouTubeの動画編集が仕事になります。

別に自分が撮影したり、素材がなかったりしても大丈夫です。クラウドソーシングならクライアントが素材を用意してくれます。数ある案件から、興味のあるジャンルを選ぶだけ。

単価も割と高めで、以下のように1万円〜5万円で、更に継続して受注できる案件もあります。

単価も割と高めで、以下のように1万円〜5万円で、更に継続して受注できる案件もあります。

自分で撮影もできるなら、動画編集してYouTubeにアップするのも良いでしょう。有名YouTuberみたいにたくさん再生されれば、高収入も望めますよ。

動画編集ソフトは無料のものありますし、撮影はスマホ1つでOK。メンタリストのDaigoさんなんかは、スマホで撮った動画を無編集で上げてますしね。

やっていけばスキルも身に付くし、クオリティも上がるので、クラウドソーシングで簡単な案件から始めましょう。

田舎でパソコン仕事をする4つのメリット

田舎でパソコン仕事をする4つのメリット

それでは、田舎でパソコンを使って仕事をするメリットはどんなことがあるのでしょうか。

田舎でパソコン仕事をするメリット

  • 固定費が安い
  • 人間関係に悩まなくていい
  • 好きな時に好きな場所で仕事ができる
  • ストレスが少なく過ごしやすい

僕の経験談も含めて、解説していきます。

メリット①:固定費が安い

とりあえず固定費を抑えられるので、収入がそんなに多くなくても、お金に余裕ができます。

物欲がない人とか贅沢しなければ、月5万円くらいで生活できるんじゃないですかね。

都会で一人暮らしなんかしてたら、固定費だけで10万円とか無くなります。食費とかも合わせると、バカになりません。都会の会社に勤めているからといって、給料が良いわけでもないし、普通に生活するだけで精一杯の人もいるでしょう。

固定費や生活費を抑えられると、頑張って節約しなくても、勝手にお金が貯まります。すると精神的にも安定するんですよ。

また、パソコン仕事は場所で収入が変動することはないので、固定費を減らせば減らすほど、自由に使える金額が増えます。

パソコン仕事ができる田舎に住もう

田舎って聞くと、「山の中で周りは何もない場所」というイメージですが、そんなことはありません。

ちゃんとネット環境があって、パソコン仕事ができる田舎に住めば、生活必需品は揃うし、生きていくのに困らないですよ。

ただ、スマホが使えないような辺鄙なところに住んでしまうと、確かにキツいです。パソコン仕事なんてできませんしね。なので、生活に支障をきたさないくらいの場所を選びましょう。

あと今はネットショップがあります。ほとんどのモノが田舎いても手に入るので、わざわざ都会に住む必要はないです。

メリット②:人間関係に悩まなくていい

田舎でパソコン仕事をしていれば、無駄に誰かと会うことが無くなります。

無意味な飲み会とかもないし、自分が会いたい人に会いたい時に会えるので、人間関係の悩みが消えるんです。

都会にいると人が多い分どうしても繋がりができて、どうしても合わない人と一緒にいる時間が増えちゃいます。ストレスが溜まる原因の1つでしょう。

何か理由がないと断れないとか、ノリが悪いとかって言われることもありますよね。人付き合いが得意ならまだ良いですが、気を遣って意見が言えない人にとっては地獄だと思います。

会社員や都会住みで人間関係に疲れているなら、パソコン持って田舎に住めば、人に会う必要性が無くなるのでオススメです。

メリット③:好きな時に好きな場所で仕事ができる

パソコン1つで収入を得ることができれば、好きな時に仕事ができます。

更に田舎の良いところって、人があまりいないからカフェやレストランが空いてるんですよ。都会だとどこも満席だし、窓から見える景色もビルばっかり。

ずっと家に引きこもってパソコン作業していると、流石に気が狂ってきます。たまに違う場所で作業するのですが、田舎はすぐカフェに入れるし、ロケーションが最高です。

以下の写真は、少し前に行ったカフェです。テラス席で波の音を聞きつつ、リラックスしながら作業できるのは田舎の醍醐味かと。

ロケーション

田舎住みでパソコン仕事していると、毎日がワーケーション状態ですよ。

メリット④:ストレスが少なく過ごしやすい

毎朝満員電車に乗らなくても良いし、人混みで揉みくちゃになれることはないし、行列に並ばなくても良い。空気は美味しい。車や電車・人の声等の雑音が無い。

挙げだすとキリはないですが、とにかくストレスがないんですよね。

豪華なタワーマンションに住めなかったり、高級レストランが近くになかったりするのは間違いありません。でも、行こうと思えばいつでも行けるし、田舎でも美味しいものは食べれます。

ガンガン稼いでいるなら都会に住むのもアリですが、収入が少ないなら、無理して都会にこだわらなくてもいいんじゃないでしょうかね。生活費稼ぐために仕事をするのは、ストレスが溜まるだけかと。

溜まったストレスを解消するためにお金を使うので、またお金を稼がなきゃいけなくなり、ストレスが溜まる。最悪のループですよね。

田舎だとパソコン仕事で稼げるようになれば、そこまでガツガツ働かなくても、のんびりストレスフリーに生きていけますよ。

田舎でパソコン仕事をする2つのデメリット

田舎でパソコン仕事をする2つのデメリット

メリットばかりかというと、あながちそうでもありません。デメリットもやはり存在します。

田舎でパソコン仕事をするデメリット

  • 稼げるようになるまでに時間がかかる
  • 飽きる

それぞれ解説しつつ、解決方法も紹介します。

デメリット①:稼げるようになるまでに時間がかかる

パソコン仕事で稼げるようになるスキルは、一朝一夕で手に入るものではありません。最初は稼げて月5万円が良いところでしょう。

実績がなければ、クライアントに価値を提供できないので、報酬を貰えるほどの仕事ができません。

例えばプログラミング未経験のあなたが「弊社で利用する自動DM配信ツールを10万円で作成してほしい」という案件をもらったとしましょう。当たり前ですが、こなせるワケないですよね。でも、「弊社商品のレビューを3000円で記事にしてほしい」と言われたら、何とかできるはず。

なのでまずはあなたの「単価とスキルアップ」を目指して、仕事をガンガンこなしていきましょう。

最初はしんどいかもですが、田舎なら単価が低くても十分生活していけるので、心配はいりません。

デメリット②:飽きる

自然がいっぱいで空気も美味しくて癒やされますが、遊ぶ場所が少ないのも事実。
僕が以前住んでいたところは、映画見に行くのでさえ、車で片道1時間かかりました。

少しは刺激が無いと、つまらなくなりますからね。
良い景色といっても、毎日見ていると飽きてくるでしょう。
※田舎暮しの実態については、【田舎暮らしの現実】「田舎はやめとけ!!」と言われる5つの原因【失敗しないようにする3つのポイント】を参考にしてください。

ただ、田舎にずっと引きこもる必要はないので、たまに旅行したり都会へ美味しいもの食べに行ったりすれば良いかなと。

田舎に住んでいれば、勝手にお金が溜まっていきます。たまに遊びに行くぐらいなら、お財布へのダメージはないですし、田舎ではできないこと・無いものを楽しみましょう。

都会は普通に生活するだけでお金の消費が半端ではないし、楽しもうとしたらもっと浪費することになります。

田舎で生活して、たまに都会へ遊びに行くくらいがちょうどいいですよ。

田舎でパソコン仕事を始める3つの手順

それでは最後に田舎でパソコン仕事を始める手順を紹介します。

田舎でパソコン仕事を始める手順

  1. スキルを身につける
  2. 副業で案件をこなして、実績を増やす
  3. 副業で程度稼げるようになったら田舎に移住する

ステップ①:スキルを身につける

まずはスキルを身につけましょう。方法としては2つあります。

  • 今の仕事をしながら、スキマ時間で勉強する
  • スキルが身に付く企業へ転職する

今の仕事しながら、スキマ時間で勉強する

前述したように、パソコンでできる仕事はいっぱいあるので、どれが自分に合うか分かりません。

とりあえずネットで調べたり、オンラインスクールの無料カウンセリングで相談したりして、各々のスキルに触れてみましょう。

僕はプログラミング・webマーケティング・webライティングの3つを試して、プログラミングは合ってないなと思い、諦めました。仕事をしながらそれぞれ1ヶ月くらい勉強すると、だいたい合う合わないが分かりますよ。

身に付けたいスキルが決まったら、後はひたすら勉強するだけです。ただ独学は1年以上とか普通にかかって、挫折する可能性も高くなります。2〜3ヶ月で実践レベルまでもっていくなら、オンラインスクールに自己投資しましょう。

スキルが身に付く企業へ転職する

「自分はこのスキルを絶対身につける!!」という確固たる想いがある人は、スキルが身に付く企業へ転職するのもアリです。

何故ならスキルを身に付けつつ、お金を貰うことができますからね。

自分の望むスキルが身につく企業であれば、どこでも良いですが、後々田舎に住むことを考えると、リモートワークができるところが良いですね。移住後も働けるので、リスクヘッジになります。

転職する際は、転職サイト・転職エージェントの利用が必須です。サービスによって扱う企業が違うので、良い企業を見逃さないためにも、2〜3社登録しておきましょう。

【20代社会人が使う】おすすめの転職サイト3選と転職エージェント3選

続きを見る

ステップ②:案件をこなして、実績を増やす

身に付けたスキルだけで収入が安定するようにするためには、単価を上げる必要があります。

そして単価を上げるには、実績を増やしていくしかありません。「この人になら高い報酬を払う価値がある」と思わせれば良いんです。

本業をしつつ、身に付けたスキルを利用して、副業で実績を上げていきましょう。自分が「これだけあれば田舎で十分暮らせる」というレベルまでもっていけばOK。

田舎なら20万円稼げれば、余裕で生活できます。20万円を3ヶ月継続できたら問題ありません。

後は田舎に移住するだけです。

ステップ③:副業で稼げるようになったら田舎に移住する

パソコン仕事だけで十分稼げるようになったら、田舎に移住しても大丈夫です。

また、本業がリモートワークの会社なら、副業でそこまで結果が出ていない状態での移住も問題ないかと。

本業が無くても収入や生活に支障が無い場合、独立も視野に入れましょう。何にも縛られず、自由に生きていくことができますよ。

稼げるレベルまで行くのは確かにしんどいですが、一旦身につけてしまえば、自分次第でどんどん収入を伸ばすことができます。

田舎でストレスフリーに生きていきたいなら、単価の低い時期を乗り越えることが大事ですよ。

パソコンで仕事ができれば田舎でストレスフリーに生きれる

パソコンで仕事ができれば田舎でストレスフリーに生きれる

はい、今回は以上です。本記事のポイントをまとめました。

本記事のポイント

  • パソコン仕事の収入は、都会だろうと田舎だろうと関係ない
  • 田舎は固定費を抑えつつ、ストレスフリーで生きれる
  • ITスキルはすぐに身に付くものではない
  • 田舎で仕事をするのは、ITスキルで稼げるようになってから

都会が悪いとは言いませんが、低賃金で不満を抱えながら、生活し続けるのはしんどいです。かといって高収入を狙えるのは、一部の限られた人間だけ。

それなら誰でもどこでも稼ぐことができるITスキルを身につけて、生活費を抑えられる田舎に移住した方が良いですよ。

毎日満員電車での通勤、生活費を稼ぐためだけの低賃金労働、人間関係で悩む日々。いつまで続けるつもりですか?

ストレスから解放されたいなら、パソコン持って田舎でのんびり仕事しましょう。

【20代へ】田舎暮らしで稼げる仕事は1つだけ【心にも財布にも優しい】

続きを見る

スポンサードリンク



-副業