転職

【20代へ】残業代以外で稼ぐ方法【残業が稼ぎを減らしている】

2021年2月24日

【20代へ】残業代以外で稼ぐ方法【残業が稼ぎを減らしている】

お悩み

  • 残業以外で収入を増やしたい
  • 残業代が無いと生活がキツい
  • 残業したくない

こんな悩みにお答えします。

みなさんは毎日残業ばっかりでしんどい思いをしていませんか?
残業自体は悪いことではありませんが、無いのが一番良いはず。しかし、残業すれば稼げるのも事実です。

僕も経験があるので分かりますが、残業をたくさんした月の給料明細って、ハンパじゃないくらい達成感ありますよね。

ただ、それを毎月続けられるかと言われると無理ですし、でも残業しないと給料少ないし...。
こういう悩みを抱えている人は多いんじゃないでしょうか。

そこで今回は「残業代以外で稼ぐ方法」について解説していきます。
この記事を読んで行動し、毎月の残業地獄から抜け出しましょう。

残業代で稼ぐのが非効率な4つの理由

キャリアが浅い内ってそもそも基本給が少ないので、自然と「残業して稼ぐ」という考えに至りますよね。

しかし、残業代で稼ぐのは、すごく非効率な行動なのです。

理由①:頑張ったところで、大した金額にならない

基本給が20万円くらいの人は、1時間あたりの残業代は1900円程度。月に30時間もすれば、5.7万円です。だいたい天引きされる保険料とか税金を相殺するくらいの金額かな。

これが多いのか少ないのかの基準は人それぞれですが、僕的には30時間も頑張った割には少ないかなと思います。

僕は社会人時代で、最長20時間/月の残業しかしたことがありません。それでもすごくしんどかった記憶があるので、30時間とか考えられないです。

しんどさは仕事内容や個人の体力にもよるので、「30時間とかへっちゃらだ」という人にとっては、何とも思わないかも。

理由②:残業すればするほど、出世から遠のく

「残業時間が多い=仕事を時間内に片付けられない」っていうのは当たり前です。

「残業をいっぱいして、仕事をたくさんこなしている。偉い!!」なんて言われません。作業の過程がどうであれ、段取りや効率が悪いとみなされます。

評価が悪くなると、出世できなくなり、昇給もなし。

とっとと出世して、残業が無くても良い給料を貰った方が楽ですよね。

残業代に目がくらんでコソコソ稼いでも、未来はありません。残業しなきゃ作業を終わらせられない人は、出世できないので注意です。

注意

「残業している人=仕事ができない人」というイメージになるので、気をつけよう。

残業する人はどんどん仕事が無くなる

単純に考えて、残業して仕事を終わらせる人よりも、時間内にキッチリこなす人の方が優秀です。

そして、優秀な人へどんどん仕事が回っていきます。仕事が無くなるということは、残業も出来なくなるということ。

色々と繋がって下記のような状態になります。

  • 仕事ができない→出世ができない
  • 出世ができない→基本給が上がらない
  • 仕事が回ってこない→残業ができない
  • 残業ができない→給料が少ない

給料を増やそうと残業をしても、それが仇となって稼げなくなるなんて、本末転倒じゃないですか。

出世すれば、給料が低い時の残業代なんて微々たるものだったと分かります。また、残業時間を自慢することが、出世を遅らせるということを確り理解しておいてください。

しなきゃいけない残業なんてない

やむを得なくて残業した経験は誰でもあります。気持ちはすごく分かるんですけど、よくよく考えれば、しなくても良かったはずなんですよね。

何故なら必ずサボっている人がいる、もしくは作業の負担に偏りがあるから。「働きアリの法則」がおそらくどの職場でも起こっています。

働きアリの法則

働きアリの内、一生懸命働いているのは2割で、普通に働いているのが6割、サボっているのが2割いる、という法則。

要は、サボっている2割の人がもっとちゃんと仕事をしていれば、残業なんてせずに済むんです。

出世するために残業をしたくない人は、サボっている人を上手くリードする必要があるでしょう。

経験論:残業代稼ぎは放っておけばいい

たまに、何も仕事してないのに残業している人いますよね。就業時間過ぎているのに、何故かタバコ部屋にずっといる、みたいな。

間違っても、それを見て真似しちゃいけないです。
普通にバレます。バレなくても、「これだけ残業してるのに、これだけしか仕事できてないのか」という無能のレッテルを貼られるでしょう。

無駄な残業代稼ぎする人を見ていると腹は立ちますが、放っておけば後々困るのはその人です。完全スルーでOK。

理由③:残業代は会社の損失

残業代って会社の利益から支払っています。従って、あなたが残業した内容に生産性が無ければ、ただの赤字なわけです。

極端な話になりますが、生産性のない残業を続ければ、赤字も増えていき、会社の利益が減ります。利益が減るということは、給料が減ることに繋がりますよね。

結果的に自分の首を自分で締めているようなものです。

僕も前職では、残業で利益に繋がらないことをひたすらしていました。内容的には、主に文書(製造工程)の改訂。今思い返すと、残業してまですることではなかったかなと思います。

理由④:残業代に頼るのはキケン

もし、あなたが今の生活を残業ありきで回しているのなら、非常にキケンです。残業での稼ぎって、不安定ですからね。

近年、「働き方改革」や「テレワーク」等で残業が減っていく世の中になりつつあります。今後もどんどん残業が出来る環境は減っていくでしょう。

残業代を当てにした収入は、残業ができなくなれば即終了になります。その場しのぎでしかない稼ぎではなく、根本的な収入の改善をすべきです。

注意

残業という目先の稼ぎに走るのは、将来の自分を苦しめることになります。根本的な問題を解決しましょう。

残業代以外で稼ぐ方法は2つ

残業代以外で稼ぐ方法

ここまで残業代で稼ぐのは効率が悪いと説明しました。

では、残業代以外で収入を増やすにはどうすればいいか、解説していきます。

方法①:転職でキャリアアップを目指す

残業してまで給料を増やさなきゃいけない仕事は辞めましょう。

そのまま今の会社にいて、満足のいく給料に達するまで待つつもりですか?というか基本給が低い時点で、昇給しても大した金額にはならないですよ。
それだったら自分の能力が活かせる業界で、給料が良いところへ転職した方が効率良く収入は上がります。

終身雇用が崩壊しているのに、一つの会社に居続けるメリットなんてありません。サクッと転職して、キャリアップを目指しましょう。

転職サイトや転職エージェントを利用すれば、今より給料の良い会社を探すのは簡単です。
下記記事で解説しているので、是非御覧ください。

【20代社会人が使う】おすすめの転職サイト3選と転職エージェント3選

続きを見る

転職が上手くいかない人は下記を参考にしてください。

転職が決まらない20代にある7つの問題点とは?やるべきことも解説【目的を持つことが大事】

続きを見る

方法②:副業で収入を増やす

「今の仕事が大好きで天職だ!!」って人は、稼げなくても無理に辞める必要はないです。

仕事は定時ダッシュで帰り、プライベートの時間を使って副業しましょう。
本業で得たスキルを使って稼ぐのも良いですし、新しいことに挑戦してみるのも良いでしょう。

やり方次第では、残業するよりも確実に稼げますし、本業の収入を超える可能性すらあります。
また、副業で収入を得ることは、本業が無くなった時にリスクヘッジになるんです。

副業解禁の会社も増えているのを考えると、これからの社会は自分で稼ぐ力を付けないと生き残れません。
自分の将来のために、今のうちから備えておくことを勧めます。

【給料が少ない人へ】副業を始めて低収入から脱却しよう!!【転職と副業どっちを取るべきか】

続きを見る

残業代で稼ぐのはやめましょう

残業代で稼ぐのはやめましょう

はい、今回は以上となります。下記にポイントをまとめました。

本記事のポイント

  • 残業することは、結果的に収入を下げることになる
  • 収入を上げようとして、残業に頼るのは本質的じゃない
  • 残業ではなく、「転職」か「副業」で収入アップ

仕事なんて定時ダッシュできるのが一番じゃないですか?

定時に帰れれば、趣味に割ける時間ができるし、家庭がある人は家族と一緒にご飯食べれる。幸せでしょ。

今回解説したことを理解し、実践すれば残業しなくても稼げます。
すぐに収入は上がらないかもですが、将来的な収入は残業するより豊かになるので、今から行動していきましょう。

【必見】webマーケティングで副業を始める方法【未経験でも大丈夫】

続きを見る

スポンサードリンク



-転職