マインド

新しいことが怖い人は"あること"を意識すればいい【答えは過去の自分にある】

2021年3月24日

新しいことが怖い人は"あること"を意識すればいい【答えは過去の自分にある】

お悩み

  • 挑戦するのが怖い
  • 新しく始めたいことがある
  • やらずに後悔したくない

こんな悩みにお答えします。

みなさんは日々新しいことに挑戦しているでしょうか?

大人になると、どうしても新しいことが怖いと感じてしまいます。
しかし、怖いからといって何もしないでいると、後悔するのは間違いなし。後回しにしている人も同じです。

そこで今回は「新しいことが怖いと感じている人へ」というテーマで記事を書いていきます。

この記事を読んで行動すれば、新しいことにチャレンジできるようになります。毎日同じことを繰り返すような、退屈な日常に終止符を打ちましょう。

新しいことが怖いと感じる原因とは

新しいことが怖いと感じる原因とは

新しいことが怖いと感じる人は、ネガティブなことを考えすぎです。

新しいことが怖いと感じる原因

新しいことを始めようとする前って、ネガティブなイメージばかり先行してませんか?

  • 失敗したらどうしよう
  • 楽しくなかったらどうしよう
  • お金を無駄にしたくない
  • 自分に合わなかったらどうしよう

色々考えすぎです。ウダウダしすぎです。

人は「得すること」よりも「損すること」を嫌う生き物。損するならやりたくないし、なるべく損をしないように準備します。

原因は「損をしたくない」という考え

損する可能性があると、どうしても動けなくなってしまうんです。

例えば...

  1. じゃんけんに勝てば1万円が貰える、負ければ何もなし
  2. じゃんけんに勝てば3万円が貰える、負ければ1万円を払う

上記のどちらに挑戦しますか?恐らくほとんどの人が1の方を選択しますよね。ギャンブラーは、2を選択するかもですが。笑

2は1より貰える金額は多く、「得をするかもしれない」のに、どうしても「損をしたくない」という考えの方が大きく、1を選択します。

この「損をしたくない」考えが新しいことを怖がる原因なんです。

考えるよりも行動することが大事

やる前に色々悩んでも、答えは出ません。

前述の悩みをもう一度見てください。

  • 失敗したらどうしよう
  • 楽しくなかったらどうしよう
  • お金を無駄にしたくない
  • 自分に合わなかったらどうしよう

これらの悩みは、考えて解決できるでしょうか?未来が見えでもしない限り、無理ですよね。

怖いと感じる根本の原因は、行動することで解決します。

何もしないという選択では、問題の解決にならない

「何もしなければ、怖いと思わなくなるのでは?」という意見があるかも。確かにそう。

しかし、怖いという思う以前に、「やってみたい」という思いをないがしろにしてないですかね。

「怖い」「失敗するかも」「楽しくないかも」等の嫌なイメージばかりで、ネガティブになりがちですが、一番最初は「新しいことをやってみたい」というポジティブな考えから始まっているんです。

そして、何もしないことで、新たに問題が発生します。それが「後悔」です。

「怖い」を解決するのは簡単ですが、何もしないことでは、根本的な問題の解決にはなりませんよ。

転職が怖いから動けないのは当たり前【乗り越える4つの対処法】

続きを見る

【悲報】失敗は必ずします

ちょっと厳しいことを言うようで申し訳ありませんが、行動しても必ず失敗します。

ただ落ち込む必要はなくて、「失敗は成功のために必要だ」ということ。

そもそも成功なんて、失敗をかき集めてできたもの。これもダメあれもダメって、試行錯誤した末にたどり着くのが成功です。

成功することももちろん大事ですが、失敗を積み重ねることで成功になることを理解しておきましょう。

挑戦する勇気がない人へ【何回でも失敗すればいい】

続きを見る

成功するには継続が必要

また悲報かもですが、新しいことを始めても、すぐに良い結果は出ません。

これは僕自身も実感しています。

ブログを始めたのは良いものの、最初はアクセスもないし、アフィリ報酬も0。しかし、気にせず継続していたら、「いつも見てるよ」「共感しました」等の声もチラホラといただけるようになったし、アクセスや報酬額も伸びてきました。

どの業界でも一緒です。プロ野球選手になれるのは、どんなことがあっても野球を続けた人たちだけ。どれだけ才能があろうと、途中でやめたらプロにはなれません。

続けていれば必ず成功するワケではありませんが、続けている人にしか成功は訪れないんです。

新しいことが怖い人は"あること"を意識すればいい

新しいことが怖い人は"あること"を意識すればいい

新しいことが怖い人は"あること"を意識すればいいです。

過去の自分を振り返ろう

"あること"というのは、「過去の自分」です。

あなたが子供のころで、新しいことをやろうとした時を思い出してください。スポーツでも遊びでも勉強でも、何でも構いません。

やる前に「怖い」って思いましたか?

子供の時は「やりたい」と思ったことは、後先なんて何も考えずにやっていましたよね。失敗しようが、損をしようがそんなことはどうでもいいと言わんばかりに、夢中になっていました。

それが歳を重ねる毎に、良くも悪くも「損得」や「失敗したくない」等を考えるようになってしまい、安全な道ばかり選択しています。

子供心を忘れないように意識しよう

新しいことが怖いと思うのは、大人になって身についてしまった防衛本能です。

大人のあなたがビビって動けないのに対して、子供のあなたはイケイケで何でも挑戦します。子供に負けるなんてマジでダサくないですか。笑

確かに大人になれば、立場があったり、気にしないといけないこともあるでしょう。

しかし、全てはやらない言い訳を並べているだけで。何回も言いますが、やらずに後悔するのはあなたです。

新しいことが怖いなら、子供の頃のあなたを意識ください。そして、負けないように大人のあなたもイケイケでチャレンジしましょう。

子供心を忘れるのは、親の影響もある

余談を少し挟みまーす。読み流してもらって大丈夫です。

子供の頃って、新しいことをしようとした時、親にダメだと言われることが多いですよね。

新しいことが怖いと思っている親は、当然子供にも新しいことはさせないようにします。というか、なるべく「安全な道=周りと同じこと」をさせようとするんです。

そうやって育った子供は周りと同じことが正解だと思い、新しいことをしなくなり、やろうと思っても怖いと感じて動けなくなります。

親がビビって動けないのを子供にも押し付けるのは、子供の選択肢や可能性を潰すことと一緒です。

「失敗するかもしれない」「合わないかもしれない」とかは、親の勝手な都合であって、子供には関係ありません。子供がやりたいと思ったことは、素直にやらせるべきです。

余談失礼しました。

新しいことが怖いなら、とりあえず行動しよう

新しいことが怖いなら、とりあえず行動しよう

はい、今回は以上です。本記事のポイントを以下にまとめました。

本記事のポイント

  • 「怖い」は「損するかもしれない」という考えからくる
  • 「何もしない」では、何も解決しない
  • 成功は行動し、継続した人にしかやってこない
  • 子供心を意識すれば、怖くなくなる

要は、ウダウダ考えず、子供みたいにやりたいと思ったことは、何でも挑戦してみよう!!ってことです。

失敗しても子供と違って、大人になったあなたは賢くなっているので、成功するためにはどうすべきか考えることができます。

それだけ成功するまでの近道を走っていけるんです。ただスタートできるかどうかの問題で立ち止まっている人が多いってだけ。

やってみれば全ての問題は解決するので、とりあえず行動してみましょう。

行動できない人が今すぐ変わる4つの方法【意志の強さは関係ない】

続きを見る

スポンサードリンク



-マインド