マインド

【20代】個人で稼ぐ時代に乗り遅れるな【会社は将来を保証してくれません】

2021年3月28日

【20代】個人で稼ぐ時代に乗り遅れるな【会社は将来を保証してくれません】

お悩み

  • 個人で稼ぐ時代って何?
  • 将来が不安
  • 会社に依存し続けたくない

こんな悩みにお答えします。

みなさんは将来に不安を感じていませんか?

終身雇用の崩壊や不景気による人員削減・倒産等により、会社に依存する稼ぎ方はリスクでしかありません。

ただ正直な話、20代からしたら「よく分からん」って思いますよね。
実際会社に勤めて収入をもあるし、リスクに直面している人なんて、そんないないでしょう。

「個人で稼ぐ時代になりつつある」ってのは、知らなくて当たり前ですよ。だってあなたの周りは、個人の力で稼いでいませんから。

そこで今回は「個人で稼ぐ」をテーマに記事を書いていきます。

記事の内容

  • 個人で稼ぐ時代とは
  • 個人で稼げないとどうなる?
  • 個人で稼ぐことの重要性

「個人で稼ぐこと」に関して全く分からない方には、是非読んでほしいです。
20代の内から将来のリスクを考えて動けば、不安定な会社に依存しなくて済みますよ。

個人で稼ぐ時代になってきている3つの理由

個人で稼ぐ時代になってきている理由

理由は3つあります。

個人で稼ぐ時代になってきている3つの理由

  • 会社は将来を保証してくれない
  • 個人の影響力が強くなってきている
  • 個人で稼げるようになった

理由①:会社が将来を保証してくれない

冒頭でも述べましたが、終身雇用の崩壊や不景気による倒産が現実的になっています。

昔みたいに、定年退職した後も死ぬまで会社が面倒を見てくれなくなったということです。

ただ、今頑張っている若い人たちが悪いワケではありません。

昔の年功序列なんかが原因の一つです。頑張らなくても昇進して、無駄に管理職が増え続けたら、どうなるか分かりますよね。能力の無い人が指揮をとれば、会社が傾くのは当然。

結果、会社の利益を保つ応急処置として、給料が高く不要な人材である45歳以上がどんどんリストラされています。

今20代の人たちもそのルートを辿っていくということです。不景気が続けばリストラの年齢基準も下がってくるでしょうし、今よりももっと保証してくれなくなります。

会社にいても給料が上がらない

「リストラされないから大丈夫」って人もいるかもですが、まず会社にいても給料が上がらないという問題があります。

将来だけじゃなくて、現状でも会社は保証してくれないってことですね。

業績が悪ければ、頑張って働かなければいけません。でも、業績が悪いため、会社は頑張った分の賃金を払おうと思っても払えないんです。同じく昇給もほぼなし。

どれだけ頑張ったところで、会社員の給料は固定ですしね。残業で自分の時間と身体を犠牲にすれば、給料は上がるかもですが、低賃金でやるのは効率悪すぎ。

【20代へ】残業代以外で稼ぐ方法【残業が稼ぎを減らしている】

続きを見る

理由②:個人の影響力が強くなってきている

最近は企業よりも個人の影響力が強くなってきています。インフルエンサーなんかがまさにそうですよね。

影響力や信頼性って大企業の特権みたいな感じでしたが、現在はSNSのおかげで個人でも持つことができるようになっています。

今やほとんどの人が毎日SNSを見ていますよね。そして、見ているのって企業とかじゃなく個人のアカウントです。SNS上では完全に企業より個人の方が強い。そして今はSNSの時代。

個人が強くなると、どうなるか?

簡単に言えば、ビジネスとして有利になります。

あなたが商品を買う時に「この人が使っているなら」って思ったことありませんかね。企業名で推すより、影響力のある人に使ってもらった方がモノは売れます。企業が商品の宣伝で有名人を使うのも同じ理由です。

個人が影響力を持つのは簡単なことではありませんが、実績を積んで発信すれば、特定の業界でインフルエンサーになれます。

そこで自分の商品を作って売れば、「この人が売っているなら買ってみよう」ってなるので、稼げるようになるワケです。それは形あるものじゃなく、ノウハウやテクニックでも売れます。

注意ポイント

嘘の実績を発信して商品を売る人もいますが、詐欺ですし、バレた時に失うものはデカすぎるのでやめましょう。ビジネスは、誠実にやるべき。

理由③:個人で稼げるようになった

会社で働く以外の選択肢ができたこと」が大きいです。

昔は「収入を得る=会社に勤める」が当たり前でしたよね。そしてそれが安定していました。

しかし先程も述べたように、今はSNSが強い。YouTubeで稼いでいる人なんか、サラリーマンの比じゃありません。

個人で稼ぐと、頑張れば頑張るほど収入も青天井に伸びます。簡単ではないものの、サラリーマンよりも稼げるのは確実。

会社でやりたくないことを低賃金でやらされるよりも、やりたいことをして楽しく稼ぐ方が良いに決まっています。今はそれが可能な時代なんです。

芸能人が事務所から独立している理由も同じ

最近芸能界でも事務所から独立する人が増えていますよね。

昔は事務所を辞めたりなんかしたら、芸能界から干されてテレビに出れなくなり、収入が無くなっていたかもしれません。

しかし、今はYouTube等のおかげで、テレビに出ずとも収入を得ることができるようになりました。あと独立したら、事務所にいくらか報酬を取られてしまうのを防げますしね。

テレビと違ってSNSはやりたいことができますし、縛られることもありません。そして、芸能人ほど知名度があれば、一般人よりもすぐ伸びる。テレビ以外でも活躍できると分かったから、みんな独立していくワケです。

YouTubeだったらテレビと違って権力とか関係ないし、干されることもないでしょうしね。笑

ただ、独立しても売れない人は売れないし、事務所に所属していた方が良い人もいると思います。それはサラリーマンも同じ。

個人で稼ぐ時代に乗り遅れるとどうなるの?

個人で稼ぐ時代に乗り遅れるとどうなるの?

20代の人たちがすぐにどうこうなることはありません。

ただ、個人で稼ぐ力を身に付けていないと、20年〜30年先で困ることは確かです。

リストラされたあと、どうやって稼いでいく?

あなたが45歳でリストラされたら、その後40年以上も残っているのに、どうやって生活費を稼いでいきますか?

45歳で転職なんてほぼ無理ですよ。将来性のない人を雇えるような余裕のある会社は、今の日本には存在しないですからね。

退職金の額も年々減ってきています。老後は何もせず、優雅に過ごせると思ったら大間違いです。

若い内から貯金しておくという考えは間違い

おそらく、「将来何が起こっても良いように今から貯金しておけば良い」という考えに行き着くでしょう。

じゃあそれで足りなくなったら、あなたはどうしますか?

足りなくなった時には働く場所はないし、稼ぐスキルも持ち合わせていません。

家や車のローンがある人は、死ぬまで働いて返さなきゃいけない。子供も養う必要があるし、貯金することさえ厳しい。ちょびちょび貯金したとしても、何かあったらすぐに吹き飛びます。

どれくらい残るか分からないような貯金に頼るんじゃなくて、稼げるようになれば良いだけ。

個人で稼ぐ力がないと、ずっと我慢し続けることになる

稼ぐ力を身につけなくても、生きていくことはできるでしょう。節約しまくって、生活費を削ればですが。

でも「それをずっと続けれるか?」と言われるとどうでしょうか。

欲しいものも買えない、行きたいところに行けない、子供に何も買ってあげられない。そんな我慢だらけの生活を続けるのは苦痛でしかないですよね。

お金がなくても幸せになれるというのは本当かもですが、お金がある人は「お金が無い人の幸せ」も手に入れることができます。逆は無理ですが。

個人で稼ぐことの4つの重要性

個人で稼ぐことの重要性

最後に個人で稼ぐことの重要性を解説しておきます。

①:収入の分散

個人で稼ぐことは、収入の分散になります。

本業1本に頼りきりだと、収入が無くなった時どうしようもないですよね。

本業とは別で稼ぐことが出来ていれば、本業がどうなろうと問題なし。

個人で稼ぐ場合、定年はありません。もし本業でリストラされても、稼ぐ力を持っていれば、何歳まででも稼ぐことができます。

上手く仕組みを作れば、自分で働くなても良い

サラリーマンは自分で動いてなんぼです。時間と労働を引き換えに、賃金をもらっています。

対して個人で稼ぐ場合、上手く仕組みを作ってしまえば、自分が動かなくても良いんです。

例えば...

アフィリエイトで稼ぐなら、記事を量産して集客できればモノが売れます。最初は自分で記事を書かないといけませんが、書いてしまえば後は記事が勝手に稼いでくれる。慣れてきたら記事も外注して他の人に書いてもらえば良いですし。仕組み化できれば強い。

②:本業で得た知識やスキルを利用できる

職種にもよりますが、本業の知識やスキルを利用して稼げると効率的です。

また、本業と違って収入に上限はないし、できることに制限もありません。

本業で少しずつノウハウを溜め、副業で実践。「副業が本業の収入を安定して超えたら、独立する」というのが最近は多いようです。

【必見】webマーケティングで副業を始める方法【未経験でも大丈夫】

続きを見る

③:稼ぐ場所がたくさんある

YouTubeやVoicy、note等、稼ぐ場所は様々です。

そして、どれも企業より個人の方が強い。

個人の方が強い上に稼げるなら、企業に勤める続ける必要性が感じられません。

初心者や未経験でも問題ない

「何もスキルがない」とか「何をしたら良いか分からない」って人でも問題ありません。

何故ならほとんどがスキルが無くても始められるから。

確かに最初は稼げないかもですが、それは誰でも同じです。小さな実績を重ねて、継続することが大事。

トップYouTuberのHIKAKINさんやはじめしゃちょーさんなんかも、最初からあんなに有名でもなかったし、稼げてもなかったんです。努力の積み重ねと継続が今の成功を作り上げています。

④:自由に何でもできる

色んなことに縛られるのが嫌!!って人もいるでしょう。

個人で稼ぐことができれば、やりたいことをやればいいので、嫌なことはしなくても大丈夫ですよ。

サラリーマンでいると、嫌な人がいても一緒に仕事をしなくちゃいけないし、給料が少なくても文句は言えません。

自由に色んな事をしたいと思うなら、個人で稼ぐ力を身につけましょう。

仕事がめんどくさいと感じてしまう6つの原因と対処法【やりたくないことをしている証拠です】

続きを見る

個人で稼ぐ時代に乗り遅れないよう、今すぐ行動しよう

個人で稼ぐ時代に乗り遅れないよう、今すぐ行動しよう

はい、今回は以上です。本記事のポイントを以下にまとめました。

本記事のポイント

  • 会社はあなたの今も将来も保証してくれない
  • 今は企業より個人の方が強い
  • 個人で稼げる場所が増えている
  • 初心者や未経験でも挑戦できる

20代の人たちにとって今の時点では、「将来が困る」だとか「リストラされたらどうする」だとか言われても、正直ピンとこないと思います。僕も1年前にこんな話されても、「まあだいぶ先のことだし」って聞き流していたでしょう。

ただ勘違いしちゃいけないのは、「今が大丈夫だから、将来も大丈夫ではない」ということ。

将来がどうなるかは分からないから、とりあえず様子を見る...のではなく、今のうちにできることをやっておくことが大事。

周りが慌ててない、動いてない、必要ないと思っている、遊んでいるとか、そんなことは関係ありません。周りと同じことをしていれば何とかなるという保証は、どこにもないです。

個人で稼ぐ環境は整ってきていますが、十分な収入を得るには時間がかかるのも事実です。そのため、早く行動した人ほど早く結果が出ます。今行動した人と10年後行動した人とでは、埋めることのできない大きな差ができますよ。

本業の合間に少しづつでも良いので、個人で稼ぐ力を身につけていきましょう。下記に稼ぐためにオススメのスキルをまとめた記事を載せておきますね。

20代が脱サラするために身につけるべきスキル3つ【がっつり稼ぐ】

続きを見る

スポンサードリンク



-マインド