一人暮らし

おすすめのアブローラー(腹筋ローラー)は「soomloomアブホイール」で決まり!【7年間毎日使用した僕が解説】

2021年11月5日

おすすめのアブローラー(腹筋ローラー)は「soomloomアブホイール」で決まり!【7年間毎日使用した僕が解説】

お悩み

  • アブローラーって種類いっぱいあるけど、どれが良いの?
  • 初心者でもできるアブローラーが欲しい!
  • 安いのでも大丈夫?

こんな悩みにお答えします。

筆者は7年以上毎日アブローラーを使用しています。
そんな僕も最初はほとんどできない状態からスタートしたので、初心者でも参考になりますよ。

腹筋だけでなく、全身を鍛えれる万能器具「アブローラー(腹筋ローラー)」。
男性なら「細マッチョ」女性なら「くっきりくびれ」に、これ一つあれば誰でもなれます。

おかげで色んな会社がアブローラーを販売していますが、どれが良いか分からないって人は多いでしょう。
そこで今回は「初心者や筋トレ上級者まで使えるおすすめのアブローラー」を紹介します。

7年以上使い続け、下記写真のように僕のシックスパックを作ってくれたアブローラーなので、自信アリです。

アブローラーでシックスパック

これから筋トレを始めようかな」「ぽっこりお腹を何とかしたい」という方は参考にしていただければ幸いです!

おすすめのアブローラー

今すぐ欲しい!という方へ、今回おすすめする2つのアブローラーを紹介しておきます。

  • とにかく安くて、初心者向け
    僕が7年間、そして今も現役で使っているアブローラー。
    なんとお値段1,270円(amazonの価格です)。
    安いくせに壊れる気配がないし、二輪で安定性があるので初心者でも使いやすいです。
  • 安心のadidasブランド

adidasが販売しているアブローラー。
ノーブランドは信頼できん!って人は、こちらがおすすめです。
こちらも2,000円台で決して高くはありません。
ただ、一輪で安定しないため、初心者には少し難易度が高いかも。

結論:アブローラー(腹筋ローラー)はどれを選んでも問題なしです

アブローラーってどれがおすすめなの?【結論:どれを選んでも問題なしです】

先に伝えることがあるのですが、僕は色んなアブローラーを購入して試したワケではありません。
なぜなら一番最初に購入したアブローラーで十分トレーニングできたから。

いくつもの種類がある中から選びたい!という方のお力にはなれません。
ご了承ください...。

コロコロできるものであれば、どれを選んでも良い

基本的にアブローラーでやることって、コロコロするだけなんですよね。
それさえできれば、他の要素は特に必要ありません。

難易度調整も「膝コロ」「立ちコロ」といった方法のように自分でできます。
また、アブローラー自体が小さく、場所を取ることもないです。

ホントに今は色んな種類の商品が売られていますし、値段も5,000円を超えるものあります。
ただ、コロコロするという点で見れば、全ての商品がアブローラーとしての用途を満たしているので、どれを選んでも問題なし。

僕も最初は全くできない初心者でした

「元々筋肉があったから何でも良かったんだろ」と思われるかもですが、僕も最初は膝コロ数回しかできない弱者でした
できないことは予想しており、「とりあえず安いもので試してみよう」と思って購入。

結果的に筋力がなくてもできたし、コロコロする以外の機能も必要なく、他のを購入しませんでした。

筋肉の無い女性の方や筋トレ初心者でも、問題なく使用できるのでご安心を。

コロコロする以外の機能がついているものはどうなの?

「ストッパー付きのもの」や「3輪以上の安定性が高いもの」等、種類は色々とあります。
要は筋力が無い人が怪我をしないようにする商品です。

ただ、筋力が付いたら負荷が物足りなくなるんですよ。
すると、新しく別のモノを買う必要性が出てきます。

できることなら一度購入したら、それ以上お金を使いたくないですよね。
また、やり方次第で負荷の調整はできます。
なのでストッパーが無いものや不安定な1輪や2輪でも大丈夫。

アブローラーの負荷調整や効果など、詳しくは以下の記事で解説しています。

【7年愛用】社会人の筋トレが"アブローラーだけ"で良い4つの理由とは!?【1日10分のコスパ最強トレーニング】

続きを見る

「soomloomアブホイール」のおすすめポイント

僕が7年使用したおすすめのアブローラーを紹介

はい、これが僕が7年も使用し、これからも朽ち果てるまで使うつもりのアブローラーです。
Soomloomという会社が販売している商品。
正式名称は「soomloomアブホイール」で良いのかな笑

こちらの「おすすめポイント」「残念ポイント」を徹底的に解説していきます。

  • とにかく安い
  • 全然壊れない
  • 床を傷つけない
  • メンテナンス不要
  • 静かにトレーニングできる
  • 手が痛くならない
  • 高い安定性と高負荷の両立

①:とにかく安い

僕が購入する時に目に入った中で、一番安かったんです。
1,000円台なので買えない人はいなんじゃないでしょうか?

ずっと使い続けて、今やしっかりシックスパック。
1,000円ちょっとで「カッチカチの腹筋」や「美しいくびれ」が手に入るなら、安いものだと思います。

7年使っているということは、1ヶ月約15円。
ジムなら1ヶ月数万円かかるところが、たった数十円で収まる安さはヤバい。
※ちなみに僕はジムに行ってないです。

②:全然壊れない

何度コロコロやっても、7年使っても未だに壊れる気配ありません。
1日60回コロコロやっているので、単純計算で約15万回相当です。

商品を開発する時に耐久テスト的なのをやるはず。
ただ、僕の方が回数こなしている気がします。

安価なものはすぐに壊れる印象を持ちますが、「soomloomアブホイール」は買い替える必要はないです。

③:床を傷つけない

床を傷つけない

写真では材質とか質感は分かりにくいかもですが、硬くもなく柔らかくもないです。
なので床を傷つけることもないし、soomloomアブホイール自体が破損する心配もありません。

新築アパートの床で1年くらいコロコロやっていた時期もありましたが、一度も傷つけることは無かったですよ。

ただ、床が柔らかい素材(カーペットや畳等)だと跡がつきます。
なるべくフローリングでコロコロするか、柔らかい床ならトレーニングマットを敷くようにしましょう。

④:メンテナンス不要

経年劣化で回転が悪くなるかな?と思っていましたが、7年使用した今でもスムーズにコロコロできます。
回転する部分に潤滑油を差したり、分解して洗浄したりも一切不要です。

定期的に点検したり清掃したりするのが苦手で、ズボラな僕にもピッタリでした。

特に気にせず使える上に壊れないのは、大きなメリットですよね。

⑤:静かにトレーニングできる

静かにトレーニングできるのは、地味ですが嬉しいポイントです。
床に接する部分がポリウレタンで出来ており、使用時の音が小さくなるようになっています

アパートやマンションで使っても静かなので、苦情が来ることはありません。
また、実家でトレーニングしている人も家族にバレる心配なし。

僕は深夜に筋トレすることが多く、隣や階下の住人に迷惑がかからないようにしなきゃいけなかったんです。
でもsoomloomアブホイールは大きな音を立てることがないので、気兼ねなくトレーニングできましたね。

⑥:手が痛くならない

soomloomアブホイールは持ち手部分がスポンジなので、手が痛くなりません。
アブローラーはトレーニング性質上、グリップを力いっぱい握る必要があり、硬いと何回も出来ないんです。

アブローラーは種類によって、持ち手部分がプラスチックのものがあります。
使用経験はありますが、僕自身手の皮が薄く、痛すぎて1日で使用を諦めました。

誰もが握りやすく、手が痛くならない優しいグリップです。

⑦:高い安定性と高負荷の両立

soomloomアブホイールは安定性があるのに、腹筋中心に全身を鍛えれる負荷が魅力的です。
以下写真のようにホイールが2輪ついていることによって、バランスを崩さない設計になっています。

高い安定性と高負荷の両立

1輪だと負荷が高い代わりに、床との接地面が少ないせいでバランスを崩しやすく、筋力が無い人がやると怪我をする恐れがあります。
かといって3輪以上だと安定性が高すぎて、負荷が小さくなるんです。

「2輪だと負荷が小さくなるんじゃ?」という疑問は、使用すれば杞憂に終わります。
僕が初めて使用した時は、次の日全身筋肉痛で動けなくなりましたから。笑

soomloomアブホイールは、安定性と高負荷の良いとこ取りをしていますよ。

soomloomアブホイールの残念なポイント

soomloomアブホイールの残念なポイント

ずっと使い続けているので何も気になりませんが、いくつか残念ポイントはあります。
僕だけじゃなく、色んな人が使うことを考えてデメリットを挙げてみました。

  • グリップの衛生面や劣化
  • 筋力が全く無い人はキツいかも
  • ブランド至上主義だと厳しい

①:グリップの衛生面や劣化

グリップがスポンジだと説明しましたが、手汗を吸収するし、劣化や破損は0じゃありません。
僕が使っているものも、ちょっとヒビ割れてきています↓

①:グリップの衛生面や劣化

ただ、ボロボロになって剥がれているワケでも、握れなくなっていることもないです。
むしろ7年以上経って、まだこの状態を保っているの凄くないですかね。

衛生面が気になる人は使用後に、ティッシュやタオルで軽く拭いてあげると良いですよ。

②:筋力が全く無い人はキツいかも

僕が最初アブローラーを始めた当初、立ちコロはできずとも膝コロをする筋力は辛うじてありました。
そもそも腹筋どうこうより、腕の筋肉が無いと厳しいんですよね。

膝コロができない人には、soomloomアブホイールを推奨できないかなと。

自信が無い方は、腹筋や腕立てである程度の筋力を付けておくことをオススメします。

女性や初心者でも使えるという口コミあり

僕はamazonで購入しましたが、レビューには女性や初心者でもできるという声も多くありました。
一部抜粋して紹介しますね。

女でも使いやすいです(初心者)

グリップは柔らかくて握りやすい。
車輪の大きさはちょうどいいです。
膝当てを使用して膝を曲げておけば、女の私でも楽に使用できそうです。
コロコロすると腕とお腹に力が入っていい感じです。

amazonのレビューより

安定性があるので、初心者でも使えます。
なかなか難しいですが、むりやりしないで回数がどんどん増やしたほうがいいと思い。
利用された時に下腹部に少し痛い感じがあって効果があると思います

amazonのレビューより

③:ブランド至上主義だと厳しい

「有名なブランドじゃないと信頼できない!」という人には、ちょっと購入できないかもです。
soomloomっていうブランド、僕も知りませんでしたし。
※僕が知らないだけかもです

ただ何度も言いますが、品質や使用上の問題は何もありません。
7年も使用し、シックスパックをじつげんした僕が断言しますよ。

まあ価値観の違いなので、強くは言いませんが。笑
もしブランド商品じゃないとダメなら、冒頭でも紹介したadidasのアブホイールで良いかなと。
値段はsoomloomアブホイールよりも高く、1輪なので初心者は難しいかもですが。

④:動きがスムーズすぎて負荷が軽い

慣れるとホイールの回転が滑らかすぎて、もっと抵抗があった方が良いと思うようになる人もいます。
負荷が軽いと筋トレの意味が無くなりますからね。

しかし、負荷はやり方次第でかけることができます。
方法は簡単で、いつもよりゆ〜っくりコロコロするだけ。

筋トレをしたことがある方はご存知かもですが、早く何回もやるより、ゆっくり数回する方がキツくなります。

いつものアブローラーに慣れたら、ゆっくりやって負荷をかけてあげましょう。

結論:初心者から筋トレ上級者まで、「soomloomアブホイール」がおすすめ!

結論:初心者から筋トレ上級者まで、「soomloomアブホイール」がおすすめ!

最後にsoomloomアブホイールのおすすめポイントをまとめておきますね。

  • 安いのに壊れない
  • メンテしないで何年も使える
  • 床を傷つける心配なし
  • 静かにトレーニングできる
  • 安定と負荷を両立

僕はsoomloomアブホイールを使って、毎日筋トレが続くようになりました。
短時間で全身が鍛えれるし、場所も取らなくて重宝しています。

「ジムに行くのが面倒」「でも、お腹を引き締めたい」「シックスパックになりたい」という方は、ぜひ使ってみてくださいね。

一人暮らしで痩せる!!太らない!!身体をつくる方法【最後のダイエットにしましょう】

続きを見る

スポンサードリンク



-一人暮らし